HamRadio’s diary

かけだしハムのアマチュア無線ブログ

FT-991 + RRS-Pi + ロギング + スマホ

FT-991とRRS-PiをUSBケーブル一本で繋いで制御すべく、色々と試してみた結果を御報告します。

操作性の点では、CWとサウンド関連に難はありますが、無線機のリモートコントロールを目的に開発されているので、これはしょうがないでしょう。送信音のモニターについては、無線機からしか音が出ませんが、私の場合パソコンをそばに置いて操作するだけなので、どこからでもモニター音が出さえすれば問題ありません。PCのヘッドセットの声も無線機からモニター出来ました。これで問題のある方は、別にSCU-17を追加すれば解決するようなのでトライしてみて下さい。

触ってみてまず困るのはロギングソフトの利用でしょう。しかし、YAESU無線も考えてくれていましたね。リアパネルに「GPS/CAT」端子がちゃんと用意されているのでこれを使います。RS-232CのCATを使ってログソフトでリグ情報の取得も出来ることが確認できました。

ただ、無線機側がD-Sub9ピン(オス)であり、USB<->シリアル変換ケーブルも通常オスですから、メス・メスの中継コネクターを間に挟んで接続します。しかし、私が試した限りでは接続部がすぐに抜けてしまい、固定するのに配慮が必要となりました。

そのうえ、RRS-Piとロギングとで同時にCATコマンドを使うと、一方でしか使えず、無線機のダイヤルを直接回しても、RRS-Piには反映されませんでした。その都度どちらかをアクティブにして使わなければなりませんでしたので、頭の切り替えが必要です。

また、PCのブラウザースマホの同時起動で周波数ダイヤルを変更してみると、これもどちらか一方の変更しか有効にならず、そのうちにどちらも動作不良となりました。これはFlashを使っている以上、避けられない不具合かもしれません。これについては、USBジョグダイヤルを利用する方法もあるようなので、どなたか試してみてください。

しかしスマホの利用方法は、なかなか理解出来ませんでした。皆さんにはYouTubeで検索してみることをお勧めします。

全体を通じて、結局のところICOMの無線機をしのぐ操作性は得られず、現時点でFT-991AはもはやV/U付きの、安いリグでしかなくなってしまいました。私のA無しモデルは、すでに価値が無くなってしまっています。暗がりでボタンのランプがつくこと位しか利点は思いつきません。