HamRadio’s diary

かけだしハムのアマチュア無線ブログ

RRS-PiでFT-991をリモートシャックへ?

私にはリアルタイムスコープへの改造は敷居が高すぎ、思案した挙げ句もっと少ない予算で、FT-991を蘇らせることは出来ないものかと、ラズベリーパイ3で動作するHAMSTAR社の「RRS-Pi」の機能に期待を寄せて購入してみることにしました。

私は何も無線機の遠隔操作を求めている訳ではありません。リグのそばにパソコンを置いてRRS-Piを使い、FT-991の操作性が向上すればいいということだけなのです。

そこでとりあえずはローカルLAN環境での利用を試してみました。どうやらこれはSSBでの使い勝手を重視しているような感が強いですね。まず、CWでのBK-INボタンやKEYERボタンがありません。これは私にとって大きなデメリットです。CWはやはりリグにパドル接続で使いたいものです。

あと、Sメーター等のメーター類が動きませんが、リグをそばに置いて使うのでたいした問題ではありません。周波数の変更は、スマホを併用すればより便利なようですから、これも問題ありません。尚、私はUSBケーブル一本でのリモート動作以外は考えていないので、もう少し調べてみますが、サウンド回り等その辺も考慮していただければ有り難いのですが。

気になるのはソフトがブラックボックス化されていて、電源ケーブルの抜き差しだけで起動とシャットダウンをするという点です。Linuxでそんなことをしてよいものかと思いましたが、いいみたいです、はい。その辺り、無線LANの設定でも苦労しました。その他、Bluetoothが使えない等不便な点も多いです。RRS-Piでは、他のPCで操作するのが基本なので特にBluetoothは必要ないという考えが妥当かもしれません。

途中、Adobe Flash Playerの動作がおかしくなり、Firefox(64bit)では動かなくなりました。少なくともFirefoxはやめた方がいいですね。あのIEでもエラーが出て駄目でした。ブラウザーGoogle Chromeが一番安定しているとのことで、切り替えてみると一発で設定まで全てが正常になりました。

ブラウザーを使うという点で、マルチプラットフォームでもあり利点も多くありますが、CWで使うには厳しいかなという感想です。私のような使い方もあるということで、次期バージョンではそのあたりの改善を望みます。

web上にある使用説明書はとても分かりやすく、すんなりインストールすることが出来ました。

[備考] RRS-Piを利用して無線機の遠隔操作を行うには、送信するならば免許状の変更届けが必要です。