読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HamRadio’s diary

かけだしハムのアマチュア無線ブログ

IC-7300 + CI-V Commander + JT65-HF HB9HQX-Edition(設定編)

さて、ここではCI-V CommanderとJT65-HF HB9HQX-Editionの設定をします。

まずはCI-Vコマンダーの設定です。以下のようにRIGを選び、

f:id:HamRadio:20160907225227p:plain

 例えば、以下のようにCOMポート(REMOTE端子/CI-V用)の設定をします。

 f:id:HamRadio:20160907225724p:plain

 一方、IC-7300の設定はOmniRigの場合と同じです。ここでは、USBケーブルとREMOTE端子に繋いだケーブルを使うことにします。

そして、次のようにHB9HQXの設定をしておきます。

f:id:HamRadio:20160909232942p:plain

これで、HB9HQX上のQRGを変更すれば、周波数、モード共に自動で切り替わります。(IC-7300の場合、OmniRigではモードは自動で切り替わりません。)他のリグも含めて、この辺りの動作や不具合については、HB9HQX, Beat氏は「そこは最初のバージョンから変わっていない」との一点張りで、全く相手にしてくれませんので閉口しています。あれだけバージョンアップをしていながら、どこを改良しているのかと思っています。

IC-7300の場合、送信出力はWindowsのタスクバー右下の「スピーカー・アイコン」でレベル調整をするのがよいかと思います。私の場合は「6」位です。(無線機のoutput levelはフルパワー50Wとしておきます。)

私の環境では、CI-Vコマンダーはどうも動作が不安定で、よくフリーズしますので、先にCI-Vコマンダーを起動してからHB9HQXを起ち上げるようにしています。