HamRadio’s diary

かけだしハムのアマチュア無線ブログ

FT2D ラジオライフ読みすぎ編

もう、外へ出ないと使えないFT2Dにはまだまだ未練があり、なんとか家の中での使い道がないものかと探っていたところ、ふと思いつきました。何もこれはアマチュア無線ばかりでなく、ラジオも聞けるし999.99MHzまでフルに受信できるのを忘れていました。しかし、アナログからデジタルへの移行が進み、受信ファンとしてはその活動の場を奪われつつある昨今、ふと盗聴波のチェックでもしてみようと思いついたのでありました。

さっそく周波数帳を買い込み、VOXを働かせる為にテレビから音を出し、膨大な周波数の範囲をスキャンしてみると、途中いくつかの無変調がありました。自分の家からの電波かどうか、テレビの音とよく聞き比べながら慎重に聞いてみます。まるで盗聴バスターズにでもなったかのような気分です。

その中である程度強く入感している信号をみつけ、部屋の中を移動してみました。すると信号の強さが変わり、少し移動しただけで強くなってきます。無変調であるにもかかわらず、これだけ強さが変わるということは、家の中から出ている電波に違いありません。もしやと思い部屋の中を移動しまくり、ついに信号強度がフルスケールになる場所が確認できました。それは、(コードレスではない)電話機だったのです。やったな、誰がこんなことを・・・と悔しくなった私は、その状態のまま試しに電話をかけてみました。しかしやっぱり無変調のままです。たかが電話機でもコンピューターによって動作する今の時代、色々な機器が電波をまき散らしているのは当たり前のようですね。

こんな馬鹿げた事をやっている暇に、CWの練習でもしておけばよかったと思っていたのでありました。

しかし、今日はこれでいい気分転換になりました。